鹿児島・奄美のパソコンサポート (有)鹿児島事務機商会
パソコンに関する納品事例やオススメサービスを書いていきます主に鹿児島市内、奄美大島地区で営業しております。ここに掲載されている情報は一例です。同じ症状であっても解決しない場合があります。
プロフィール

rakuentai

Author:rakuentai
鹿児島・奄美大島地区でのパソコンの修理やネットワークの設定・構築など弊社におまかせ下さい。データ復旧や保守サポート、ビジネスパソコンなども取扱っております。
電話:099-225-1991
お問合せフォーム



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全てのファイルを表示するにチェックを入れても表示されない
Auto runのウイルスに感染してしまい、フォルダオプションの全てのファイルを表示するにチェックをいれても表示されないという現象が。
レジストリエディタで設定を変更すると解決する可能性があります。

HKEY_LOCAL_MACHINE
 →SOFTWARE
  →Microsoft
   →Windows
    →CurrentVersion
      →Explorer
       →Advanced
        →Folder
         →Hidden
          →SHOWALL

CheckedValue の値を1に変更

参考URL
http://pasofaq.jp/windows/mycomputer/checkedvalue.htm

今回のお客様の場合、結果は全て表示されるようになりましたが、その他のウイルス感染もひどく、駆除・削除をしてもWindowsが不安定だったためリカバリをお勧めしました。

スポンサーサイト
「ファイルを開くプログラムを選択」が開いてしまう対処法
C・Dドライブを開くと「ファイルを開くプログラムを選択」が開いてしまう。

よく見かける対処法ですが、autorun.infによるウィルスのイタズラのようです。

autorun.infを削除すれば解除されるようですが、autrun.infは隠し属性、書き込み禁止になっているため、先に属性を変更してやらなければなりません。

やり方は以下の通りです。

ハードディスクに \autorun.inf というファイルがウィルスによって作成されたと
思われます。コマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドで削除してください。

attrib -r -s -h c:\autorun.inf
attrib -r -s -h d:\autorun.inf
attrib -r -s -h e:\autorun.inf(Eドライブの場合)
del c:\autorun.inf
del d:\autorun.inf
del e:\autorun.inf(Eドライブの場合)
※必要に応じてドライブを追加してください。

参考: http://pasokoma.jp/42/lg425288
パソコンのログインパスワードを忘れてしまった!
今回のお客様のパソコンはWindows XP professionalです。
パソコンのログインパスワードを忘れてしまってログインできなくなったというご相談を受けました。

[READ MORE...]
ヒンジ破損の修理
先日お客様から修理をお預かりした、シャープのノートPC(PC-AE50J)です。
ヒンジ

お客様ご指摘は「通常に使っていて蓋が壊れた」とのことで、よく見ると液晶(以下LCDと書きます)の付け根のヒンジ部が破損していました。
だましだまし使っていたそうですが、いよいよ割れてしまい、修理依頼されました。
ヒンジ写真


[READ MORE...]
なんとかならないのか?WinXP SP2
今日は、喜界町のある個人の方の自宅に、無線LANとウィルスセキュリティZEROを納入した。電話線の場所に無線ルーターを設置、USB無線アダプタをパソコンに設定し、AOSSでセキュリティを設定。無線LANは難なく設定終了。そのあと、ウィルスセキュリティZEROをインストールしようとしたら、
[READ MORE...]
Yahoo! musicでダウンロードした音楽をCD-Rに焼く方法
※iTunesで音楽を取り込んでいると仮定して説明します。
1.iTunesを開きます。

2.【編集】→【設定】→【詳細】→【ディスクの作成】
の中にある【ディスクフォーマット】の項目を【オーディオCD】にします。
そしてOKボタンを押します。

[READ MORE...]
ヒンジ破損もおまかせ
東○製のダイナブックですが、意外と多いヒンジ破損。 中にはメーカー保証になるケースも多いので、着手する前にいつも確認するのですが、この機種の場合は対象外・・・。
[READ MORE...]
パソコン納品時のトラブル
今日は、ちょっとアセッタ納品事例をあげます!
2日前に、いつもお世話になっている美容室グループの1店舗に納品に伺ったときのお話です。
このグループの店舗は全て同じ管理?システムを使っているのですが、システム会社さんよりシステム導入されたPCが送られてきたので、そのセットアップと今までのシステムデータのバックアップファイル復元という作業の依頼でした。

何回かシステム会社の方とは電話でのやりとりがあったので、接続ポートの確認等をとりながら立ち上げてシステム動作OK!となりバックアップファイル復元をしようとした所で問題発生・・・

こちらのグループではバックアップを外付けのMOドライブでとっているのですがMOドライブがWIN98にしか対応しておらず、メーカー側も2000・XPSP1(2は非対応)用のドライバをWEBでおとせるようにしているのですが、こちらではネット環境がありませんでした。う~ん、どうしよう、困った~・・・・・・・

会社に一旦帰ってドライバおとして持って来るか?!グループの本店に行ってネット使わしてもらってドライバおとすか?!でもPC使えない時間は少しでも短くしないと・・・と思っているときにパッとひらめきました。そうだ、ここからなら実家が近い(車で2.3分)!何で気付かなかったんだろ~と思いながら事情を店舗の方に話して実家へ帰りDL→店舗PCへインストール→ファイル復元OKとなり無事終了!

と、ここまでは良かったのですが、セッティングした場所がいまいち納得されていなかったので電源を切りちょこっと場所移動。
さぁ、電源を付けて動作確認して完了しましょう!という所でまたまた問題発生。
今度はPCの電源は入るのですが、モニタにWindowsが立ち上がってこない・・・どうしよう、どうしようPCはさっきまでちゃんと動いてたからモニタの問題かな?と思い、調整したり試行錯誤しながら色々試したけど症状は変わらず。
どうしようと思ったのですが実際どうしようもありません。
最悪、以前のPCがまだあったのでそっちにデータを移しかえてその状態でしばらく使ってもらおうと思って申し訳ない気持ちで事情を説明しようとしたときに、本日2回目のハッ!が出ました。最近は中々みることのない事例なのですが、ひょっとしFDが入ったままなのでは・・・・
2回目のハッが大当たり!!!FDを抜き起動させてやっとやっと完了しました。
あ~なんて初歩的な見落としをしていたんだろう、て言うかいつの間にFDさんが入ってたの?
深くは考えず帰路につきました。
ワンセグチューナーの取付け
自宅のテレビが壊れました。
なんと10年物の古いやつです。

今更地上波テレビを買うのももったいないし、地デジテレビはちょっと高い。

・・・と言うことで
パソコンでテレビを見てしまおう!
に決定!

最近ではワンセグという言葉がよく聞かれますが、地デジ対応のテレビチューナーがたくさん出ています。
しかも安価で、パソコンに指すだけのお手軽さ。

つまり、インストールさえすれば「いつでも、どこでもパソコンテレビ」になるわけです。

今回用意したのはバッファロー製のDH-ONE/U2というスタンダードモデル。
CIMG1474.jpg


私のパソコンはVistaなので、対応の物を探してこれに決めました。
中にはVista非対応と書かれている物もあったので要注意です。
XPの場合はほとんどが対応のようでした。

さて、インストールです。
説明書を確認しながらやったのですが、Vistaの場合はちょっとこのままやるわけにはいかなそうです。手動で設定を確認しながらなんとかインストール完了!

ここは鹿児島なので、チャンネルプリセットを鹿児島に合わせて、動作確認。
小窓が開き各チャンネルが表示されました。

・・・が、「電波を受信できません」の表示でテレビが映らない。
付属の高感度アンテナに差し替えたところ無事にテレビを見ることができました。
CIMG1473.jpg


試しにこの後、VistaとXPにインストールしてみたところ、やっぱりVistaでは説明書通りにインストールできませんでしたが、XPでは正常にインストールできました。

テレビをそれほど重要視せず、パソコンの中でちょっと見るだけの方にはおすすめの一品です。
これでいて、録画もできちゃうんですよ(^.^)

とりつけはUSB接続なので簡単かもしれませんが、もしご不安な方は当店にご一報ください。

パソコンの修理 メーカーに出す前に
今回、「Windows XPが起動しない」との指摘を受け、修理を預かりました。

確認してみると、Windowsに入る前に信号が無くなり、画面は真っ黒という状況でした。

パソコンの蓋を開け、内部を確認してみると、マザーボード上のコンデンサが悪いことが判明しました。
CIMG1387.jpg


これで必ず直るという確証はありませんが、通常であればこのパソコンをメーカーに出し、マザーボード交換対応となるところですが、メーカー修理の場合大体5万円くらいしてしまうのも事実です。

CIMG1388.jpg

そこで、高性能のコンデンサーに交換することにしました。

交換にはハンダ付けが必要なため、多少なり技術と道具が必要です。また、これを外すのは簡単そうに思えますが、1mm以下の基板のパターンなどを壊してしまうと再起不能になる場合もあるので、自信がない方はやたらに触らない方がいいでしょう。

CIMG1389.jpg

と、言うことで無事に取り外し完了。この後も慎重にコンデンサーを取り付けます。

交換後、パソコンは正常に動作しました。

CIMG1419.jpg

取り外された哀れなコンデンサーたちです。

当店では、メーカーで基板交換をして高い修理費を払う前に、できることをやってみるという取り組みをしています。
お見積もお出ししてからの修理も可能ですので、お気軽にご相談ください。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。