鹿児島・奄美のパソコンサポート (有)鹿児島事務機商会
パソコンに関する納品事例やオススメサービスを書いていきます主に鹿児島市内、奄美大島地区で営業しております。ここに掲載されている情報は一例です。同じ症状であっても解決しない場合があります。
プロフィール

rakuentai

Author:rakuentai
鹿児島・奄美大島地区でのパソコンの修理やネットワークの設定・構築など弊社におまかせ下さい。データ復旧や保守サポート、ビジネスパソコンなども取扱っております。
電話:099-225-1991
お問合せフォーム



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノートパソコン在庫処分セール
東芝 dynabook Satellite AW5
  スペック
OS

Win XP Home SP2

CPU Intel ® Celeron ® M 1.46GHz
メモリ 512MB
HDD 60GB(5,400rpm SerialATA対応)
ODD DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書き込み)
その他 Wireless LAN内蔵
15.4型ワイド WXGA TFTカラー SuperView液晶
ただいま\11,1500(税込)で販売中!設置・設定費込みなので、設定の分からない方でも安心してご購入いただけます。また、インターネット も同時お申込のお客様には更に値引きいたします! お問合せはメールフォームもしくはお電話(099-223-3095)で!
スポンサーサイト
Windows Vistaの新機能 Ready Boost
Windows Vistaの標準機能であるReady Boostってご存じですか?

ReadyBoostは、USBメモリを内部メモリ代わりに使える
Vistaの新機能です
空きメモリスロットがなくてメモリを増設するのが難しい場合でも、システムの高速化を実現できるので内部メモリを増設できないノートパソコンにも最適です。


そこで、ちょっとお試しをしてみました。
今回購入したのは、某メーカーの1GBメモリスティック。
販売店の案内にはVISTA対応、高速転送と書かれていました。
格安で売っていたので、ダメもとで購入し、いざPCに接続。
すると、しっかりプロパティにはReady Boostとして使用と表示されていました。

CIMG1349.jpg



実際にそれを選択すると・・・
「このメモリーでは本来のReady Boostを使うために760MB以上の領域が必要です」と表示されました。

えーっ?1GB中の3/4はこれに使ってしまうのか・・・まぁ、仕方ない・・・ということで設定し、動作させてみました。

CIMG1350.jpg



重たいデータの起動(イラストレーターなど)を立ち上げてみると、今までよりも早いような気がしました。

マイクロソフトの推奨では、512MB以上、高速転送が条件となっています。

やっぱり性能を重視して値段はちょっと高めですが、当店では格安メモリーではなく、Ready Boost対応ラベルの貼ってあるものをお勧めしようと思います。

ちなみに、バッファローの業界最速USBメモリーが今なら
\7,800(512MB)~でご提供させて頂いております。

スタンダードタイプでは\4,500(512MB)~とお安くなっています。

機能・お値段についてはお気軽にご相談くださいね。

自宅パソコンでも・・・
自宅のデスクトップパソコンをVistaにするため、久々に(1年以上)分解しました。

当店では定期点検などのサービスを行っていますが、意外と自分の機械にはおろそかになりがち・・・(^.^;

そんなわけで、ラックの奥から出してビックリ!!
裏側の電源FANの所に綿埃が大量に・・・

CIMG1351.jpg



こうなると、これは中も思いやられる・・・
開けてみたら案の定、CPUにも綿埃が大量に付着していました。
熱を外へ逃がすはずのFANが正常に動作しないとなると故障につながります。

CIMG1352.jpg



自宅だったので特殊な作業はできず、とりあえず取り扱いに注意して掃除機で吸い取りきれいになりました。

やっぱりたまには点検が必要です。

当店の毎月点検でパソコンを安心して使いませんか?
台数まとめて&年間一括払いでお得なプランを用意しています。
お気軽にお問い合わせください。
Vistaどうですか?
先日、日記にも書き込んだVistaのデュアルブートについての続きです。

結局、元々のハードディスクが壊れていた・・・(-.-)

で、コピーしたり環境を変えたり、従来の内容を業務に支障が無いように組み直してのデュアルブート仕様です。

インストール自体は従来のXPよりもシンプルですね。
デュアルブートにしなければそれほど難しくないのかな?

で、立ち上げ画面ですがこんな感じです。
vista1



起動するとこんなメニューが出て、OSを選択できるようになります。
(そのままにしておくとVistaが起動します)

Vistaのログイン画面です。
vista2




起動自体はXPより軽いような気がしますね。
で、動作ですが・・・
私のマシン、オンボードのグラフィック・アクセラレータを使用しているため、どうしてもパワー不足。
今までのXPはこの辺の処理もCPUに負荷をかけていたので、どうしても重くなってしまうようです。

しかしVistaに標準で搭載されている、「エクスペリエンス・インデックス」というベンチマーク(性能を見るためのもの)で確認すると、グラフィック関係の性能が「一番低い」と表示されていた(;.;)
vista3




今後はこの辺の見直しかな?

でも、全体的に同じマシンなのにXPより快適に感じます。

いまいちVistaに踏ん切りがつかない方、当店がサポートいたしますよ。
お気軽にどうぞ!!
パソコン内部のホコリ&定期点検サービス
先日、喜界町の理容&美容室(ショップ名「HAIR AND MAKE LA MER」 お店の雰囲気がとってもオシャレです!)の家庭用パソコンにメモリを増設した。

パソコンは、SONY VAIO PCV-MXS3R。
MDディスクも編集できるハイスペックパソコン。
現在のメモリは256MBだった。

ご夫婦でユーザー分けしており、いろいろな作業が時間がかかってイライラするとのこと。今回は、512MB増設することになった。

そして箱を開けてみて・・・・
高野家2

高野家1

すんごいホコリ!久しぶりにこんなにたまったホコリをみたぞ~(Tさん、公表してすみません・・)

でも、よく考えると、普通の人が家のパソコンの箱をあけて、内部を掃除するってことないですよね。確かに、メモリを増設したりする時ぐらいしか箱開けません。そこでしっかりクリーニングしておきました。

写真をみてわかるとおり、空気が流れる部分にホコリはたまります。あまり放っておくと、空気の循環がわるくなり、パソコン内部の温度が上昇して、誤作動することがあります。

当ステーションでは、パソコン定期点検サービスを商品化しました。
毎月1回、クリーニングやバックアップをしたり、ウィルスソフトやウィンドウズ更新状況の確認などをして、アドバイス付きの報告書を提出するというサービスです。

月払い \2,000円/1台 2台目以降 \1,000円/1台
が、基本のベーシックプランで、このほかスタンダードプラン、追加オプションもあります。
詳しくは、当ステーションのホームページをご覧ください。

鹿児島市内だけの限定サービスになります。
興味のある方はぜひご連絡ください。




喜界町のFREESPOT!
新たなFREESPOT設置店の誕生です!

3月6日、鹿児島県の喜界島にある旅行会社&レンタカーショップにFREESPOTを設置しました。

トラベル喜界1

トラベル喜界2

トラベル喜界3


ここは、インターネットで上位に検索されます。
当店の原田社長と話をして、「鹿児島県外、特に関東・関西から来島される方は、ちょっとした空き時間に無線LANを使いたい時があるはず!」と予想。
そこでFREESPOTを設置することとなりました。

電源供給可。テーブル設置済みです。
トラベル喜界4


ぜひ喜界島を訪ねた時はご利用くださいね~

FREESPOTのご相談はDoIt!鹿児島市甲突町ステーションまで!
不要なパソコンの無料出張診断
壊れて放置されているパソコンや、使わなくなったパソコンの無料出張診断をしています。その他にも、パソコンの使い方に応じて、買い替えや修理、メモリー増設増設グレードアップなどの改善方法を提案します。パソコンが不要になった場合は、当店で買取(古物商登録番号 第961020040768号)や代行で廃棄処分(処分費別途)もできます。
特に引越し前の方にいかがでしょうか?
リビング原稿


デュアル・ブートにチャレンジ。しかし・・・
Windows XPで動作しているパソコンにVistaを入れて両方とも使える仕様にできることを知っていますか?

「Vistaを試してみたいけど、いろいろ問題があるかな?」

そんなことを考えている方も多いはず。

実は私もそうでした。

いろいろ組み替えないとならないし、毎日使っているものなので動かなくなっても困る。

そこでお勧めしたいのがデュアル・ブートです。

これって言葉の通り、2つのOS(この場合XPとVista)を切り替えて起動させるためのものです。

そう、もし都合が悪ければ今までの環境はそのままなので、お試しにはもってこいですね
前置きが長くなりましたが、いざ作業に入ります。
vista



工程としては
①XPとデュアルブートをするためHDDを丸コピー
②パーテーションを変更
③Vistaのインストール

と言うことで、同時に購入した250GBハードディスクに引越し作業を行い、今までのハードディスクは他の機械で使う計画でした。

しか~し・・・
第一段階にて今まで使っていた160GBのハードディスクからエラーが発生し、コピーに失敗・・・

まさか自分が使っているものの故障を発見してしまうなんて・・・

と言うことで、まだ作業中です。

結果は乞うご期待です。
自宅の無線LAN設置のお仕事
今日は、ある個人宅にバッファロー製無線ブロードバンドルーター WHR-G54Sを納品した。このお客様は、現在、フレッツADSLモア(ここは離島のため、使えるブロードバンド回線がNTTフレッツADSL12Mしかない・・)のモデムを使用しており、フレッツ接続ツールを使ってインターネットアクセスする環境にある。
ちなみに、パソコンはSONY VAIO VGC-LA51で、無線アダプタが内蔵の持ち運びができるデスクトップパソコンである。

 実は先月、このパソコンにウィルスセキュリティZEROを納入していた。
ウィルスセキュリティZEROは、ファイヤーウォールが非常に強力(くせがある?)なので、無線ルーターを後からセッティングしても大丈夫か悩んだが、とにもかくにも設定を始めた。
すると、DHCPサーバーを設定したルーターからなかなかIPアドレスを取得できない・・・・
そこで、ウィルスセキュリティZEROをアンインストールして、無線が確実につながるようになってから、セキュリティソフトをインストールしたが、またうまくIPアドレスを取得できない・・
「なんで?」といろいろしてみたが・・むむっ!

 最終的には、無線の設定(暗号セキュリティ設定まで)をきちんとすませた後、パソコンについている無線ON/0FFスイッチでOFFにして、有線LANケーブルでウィルスセキュリティのインストール(ユーザー登録、ファイヤーウォールの一部開放まで)をすべてすませたあと、無線機能をONにしたら無事に使えるようになった。

 どうやら、有線ケーブルと無線LANがどちらも使用できる状態で作業していたため、いろいろと問題が起きていたようだ。
また、ウィルスソフトが先か、無線設定が先か、ということではなく、一つ一つの設定をきちんとすませてから、次のステップへ進むべきということもわかった。
 ちなみに、ルーター設定を後からする場合、ファイヤーウォール機能でルーターの検索ができない場合があるので、ウィルスソフトを停止するか、先にファイヤーウォールの一部開放をしたあと、ルーター設定はしなければならない。
ご自分で無線LANの設定される方、ぜひ参考にしてね~

 ちなみに、各家庭を無線LANにして開放し、公衆無線の世界を築いていこう、という世界的運動も進んでいます。
FON ~世界最大のWiFiコミュニティ~
世の中の流れは、確実に「プラットフォーム無料化」へ向かっていますね。そのプラットフォームでどういった情報発信をしていくか、次のビジネスはそこにありそうです。

社内LANのトラフィック
先日より、私たちの関連会社 (有)鹿児島事務機商会で、所有するパソコン複数台が頻繁にフリーズするという症状が起きていた。

<詳しい背景>
・本社と営業所でVPNを組み、本社のサーバーにある販売管理システム、グループウェア(desk net's)、ファイルサーバー(ペーパーレスFAXも実施)を共有している
・本社にはサーバー2台、パソコンが1階に4台、2階ではパソコン7台を使用。営業所ではパソコン5台使用。
・昨年の12月より本社のパソコン5台が頻繁にフリーズするようになった。
・フリーズの症状は、「画面が真っ白になる」「画面が横線模様になる」「英語でメモリエラー(?)の表示」など一様ではない。
・一日に2回~3回パソコンがおかしくなる
エラ-4

エラー3

エラ-1

エラー2



ウィルスではないことやサーバーの不具合ではないことを確認し、ハブの交換などをしましたが回復できず。
一台一台検査をしていると、ネットワークケーブルを抜いた時にはフリーズしないことが判明。
ところが、それから約2ヶ月、ネットワークのどこに原因があるのか解決できないまま、あれやこれやしていた。

そして!
やっと、やっと解決!
社内ネットワークのトラフィックが以上に混雑していて、パソコンに大きい負荷をかけていたことが原因だった。

会社のすべてのパソコンの出力(販売管理システム、ファイルサーバー)は、本社2階のサーバーを必ず経由して、プリンターへいっている。2階から1階へのネットワークは、今まで1本のLANケーブルで接続していたが、入力系と出力系を別のLANケーブル、ハブにすることで解決できた。
つまり、1本のLANケーブルを通るデータの流れ(向き)をある程度考慮して再整理したということ。

そういえば、最初は1~2台だったパソコンが、追加追加でパソコンが増え、社内LANを見直すことは今までなかった。
けっこう、そういう会社って多いのではないでしょうか?
みなさんの会社はどうですか?

「最近ネットの接続が遅くなった」
「パソコンの動きがおかしい」
などの症状がある場合、社内ネットワークのトラフィック状況を再度確認して、再構築することも必要かもしれません。

もし、原因不明の症状がある方やネットワーク配線を見直したいという方は、ぜひ一度お問い合わせ下さい。
当ステーションにてサポート対応いたします。

ハードディスクを再利用
ノートパソコンの電源が入らなくなりました。
メーカーに修理を依頼したら、
修理料金なんと5万円!!
メインボードの不具合で交換・・・よくありがちなパターンですが、もう買い換えた方がいいかも。


中古買取に出しても買い取ってくれないし、廃棄するにもお金がかかる
※パソコンは法律により一般ゴミとして捨てることが出来ません。

でも、よく考えてみたら電源が入らないだけでハードディスク(データ)は生きているかもしれません。

新品のノートパソコンを買い換えるにしても、今まで使っていたデータはあって損はないし、いらなければ増設ハードディスクとして使えばいいんです。

メリットとして
①格安価格でハードディスクの有効活用
②データ流出の防止でセキュリティも安心
などなど・・・


そうです、廃棄する前に一度当店にご相談ください。
きっとあなたに損はないアドバイスをさせて頂きます。

例えばこの場合・・・

note_pc

単にハードディスクを取り外すといっても、ここまでバラさないとならないノートPCもあります。
ようやくここでハードディスクを取り外すことができるのです。

当店ではほとんどのパソコンに対して対応できるので、メーカーに限らずご依頼ください。


ジャジャーン!!
ここで登場したのがこのハードディスクケースです。
よくパソコン店などで売られているヤツです。
相場はだいたい2,000円くらいでしょうか?
今回はこれを使用しました。
hdd_case


では、組み込んでみましょう。
外れているハードディスクを組み込むのは、取り扱いに注意すればネジを締めるだけ。
でも、やっぱり慎重にやらなければなりません。


これで完成。
USB外付け2.5インチハードディスクです。

hdd_case2


今回は無事にデータも生きていました。
こればっかりはやってみないと分かりませんが、やるだけの価値はあるのでは?

さて、気になる料金ですが・・・

2.5インチの場合、5,250円~
3.5インチの場合、6,300円~

(税込、部品代込み)
でお受け致します。

パソコンによってはどうしても料金が変わってしまうものもあるかもしれませんが、お見積もりをいたしますのでお気軽にご相談くださいね。

テーマ:知っておいて損はない!! - ジャンル:ビジネス





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。