鹿児島・奄美のパソコンサポート (有)鹿児島事務機商会
パソコンに関する納品事例やオススメサービスを書いていきます主に鹿児島市内、奄美大島地区で営業しております。ここに掲載されている情報は一例です。同じ症状であっても解決しない場合があります。
プロフィール

rakuentai

Author:rakuentai
鹿児島・奄美大島地区でのパソコンの修理やネットワークの設定・構築など弊社におまかせ下さい。データ復旧や保守サポート、ビジネスパソコンなども取扱っております。
電話:099-225-1991
お問合せフォーム



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wiiとニンテンドーDSで無線LAN接続
先日、鹿児島市内のあるお客様にバッファローの無線ルーターWHR-G54S/Pを納品をしました。
パソコンはデスクトップのWindows XPとノートのWindows Vista、それとゲーム機がWiiとニンテンドーDS。
パソコン側は難なく終了。
無線ルーターはwii対応と書いてあったので簡単にいくだろうなと考えていたら、うまくつながりません・・・。
WEPキーもSSIDも何度も確認をしましたが間違っていません。
パソコンは問題なく繋がります。う~ん・・・。
無線ルーターの設定をよ~く見直してみました。
IPアドレスの取得方法が<インターネット@スタート>になっていたのでに変更。
デフォルト状態のまま・・・。反省点です。
するとwiiもニンテンドーDSも繋がるようになりました。
作業終了!
お客様にも喜んでいただいて私もホッとしました。

これから無線LANを始めたい方、ゲーム機をインターネットにつなげたい方、当店が最後まで責任を持って対応します。お気軽にご相談ください。
お問合せメールフォーム

スポンサーサイト
デスクトップパソコンのメモリ増設手順
先日、日立のデスクトップパソコンPC-XDG7-653JFKW13台のメモリを増設する作業をしました。





1
2


NECのMATEなどは、ドライバーを使わずに筐体を開け、すぐ見えるところにあるメモリスロットに増設用メモリを装着するだけでカンタンに装着できますが、このPC-XDG7-653JFKWは、ドライバーで筐体を開けなければならない上、メモリスロットがハードディスクドライブの下に隠れているので、一度固定されているHDDを外さなければなりません。

以下、作業手順をご紹介します。

①パソコンのスタンドを外します。
3


②スライドするカバーを固定している3つのネジを外します。
4


③パソコンを寝かして、カバーをスライドして外します。パソコン前面のフロントカバーも外します。
5


④これがフタを外した状態です。左手前にあるのがハードディスク。この下にメモリスロットがあります。
6


⑤ハードディスクと筐体を固定してある黒い固定バーのネジを外して、バーを取り外します。
7

8

9

10

11


⑥パソコン筐体の側面(パソコン正面のカバーの裏側)にあるハードディスクの固定ネジを取り外します。
12


⑦これでハードディスクを固定してあるネジをすべて外したので、接続してあるケーブルに注意して裏返しておきます。
13

14


⑧やっと見えました!このオレンジ色の部分がメモリスロットです。2つスロットがあります。手前には標準装備のメモリが装着してありますので、上の空いてあるスロットに取付します。
15


⑨今回装着するメモリはコレ!アイオーデータ製 DR400-512M/STです。
16


⑩メモリの下にある溝が、メモリスロットの凸部とあっていることを確認して上から真っ直ぐ押し込みます。結構強く押し込みます。「カチッ」と音がして、メモリの横にある溝に白色のレバーがはまればO.K!
17


⑪これでメモリ装着できたので、ハードディスクを再度固定します。まずパソコン筐体のネジを取り付けます。次に黒い固定バーを取り付けて、ハードディスクとパソコン筐体の固定ネジを取り付けます。
18

19

20

21


⑫パソコン前面部のフロントカバーを取り付けます。
22


⑬パソコンカバーを取り付けます。上から軽く押しながらスライドするとスムーズに取り付けできます。
23


⑭カバーの固定ネジとスタンドのネジを取り付けます。
24

25


⑮パソコンを起動し、マイコンピューターのプロパティでメモリが増設されていることを確認します(今回は標準256MBに512MBを増設しています)。
26


いかがですか?
メモリを増設すると、パソコンの動きが速くなります。
このパソコンと同じモデルを使っている方でメモリを増設しようと思われた方は、ぜひ参考にしてください。

メモリを増設する時には、見た目が同じに見えるパソコンでも、対応する増設用メモリの種類が違う場合があります。
事前に、以下のサイトで調べてからご購入されることをおススメします。
バッファローメモリ対応表
アイ・オー・データメモリ対応表
グリーンハウスメモリ対応表
調べ方がわからない方は、ぜひご相談ください。
こちらで対応のメモリをお調べします。
お問い合わせは、メールフォームでもお電話(099-223-3095)でも大丈夫です。
パソコンの品番(だいたいパソコン本体にシールが貼ってあります)は必ず必要となりますので、ご準備の上お問い合わせください。

ハードディスクの寿命
パソコンの中で、重要なパーツの一つであるハードディスクですが、これには寿命があるのはご存じですか?

ハードディスクはパソコンの電源を入れた段階からモーターが回転し、電源を切るまでの間ず~~~っと回転し続けています。

最近はデスクトップ用(3.5インチ)で7200rpm、ノート用(2.5インチ)で5400rpmが主流になってきています。

この「rpm」ですが、回転数(revolutions per minute、回転毎分)は、1分間に何回転するかを表します。
つまり、7200rpmであれば1分間に7200回転、5400rpmであれば1分間に5400回転とかなりの高速回転を行っています。

省電力などもあり、必ずMAX状態ではないかもしれませんが、それだけ回転させているモーターに寿命があっても当然です。

つまり、ハードディスクは消耗品で、いつかは壊れるものである認識をしなければなりません。

そこで、この寿命ですが参考値としてハードディスクの使用時間が上げられます。
新品を機械に接続して電源を入れたときからこの時間はカウントされますが、ハードディスクはそれぞれの基板にSMARTと(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)いう機能を持っていて、いろいろなデータを収集し、記録していきます。

あくまで参考程度に過ぎませんが、これを読み取り故障(寿命)や現状を確認することができるソフトがありますのでご紹介します。

ソフトはいろいろ出ていますが、とりあえずはフリーでお試し頂けるソフト「HDD Smart Analyzer Ver1.0.0」です。
00000.jpg


フリーのソフトなので内容に関してのコメントは控えさせて頂きますが、興味のある方はこちらからダウンロードできます。
フリーダウンロードですが、当店は一切責任を負いかねますので、ご自身で責任を持ってお使いください。
http://www.mijimari.com/hddanalyzer.htm

ソフトに関してご不明な点はメーカーさんまでお願いします。

やってみたいけど、自信がない方はお気軽に当店へご相談ください。
ワンセグチューナーの取付け
自宅のテレビが壊れました。
なんと10年物の古いやつです。

今更地上波テレビを買うのももったいないし、地デジテレビはちょっと高い。

・・・と言うことで
パソコンでテレビを見てしまおう!
に決定!

最近ではワンセグという言葉がよく聞かれますが、地デジ対応のテレビチューナーがたくさん出ています。
しかも安価で、パソコンに指すだけのお手軽さ。

つまり、インストールさえすれば「いつでも、どこでもパソコンテレビ」になるわけです。

今回用意したのはバッファロー製のDH-ONE/U2というスタンダードモデル。
CIMG1474.jpg


私のパソコンはVistaなので、対応の物を探してこれに決めました。
中にはVista非対応と書かれている物もあったので要注意です。
XPの場合はほとんどが対応のようでした。

さて、インストールです。
説明書を確認しながらやったのですが、Vistaの場合はちょっとこのままやるわけにはいかなそうです。手動で設定を確認しながらなんとかインストール完了!

ここは鹿児島なので、チャンネルプリセットを鹿児島に合わせて、動作確認。
小窓が開き各チャンネルが表示されました。

・・・が、「電波を受信できません」の表示でテレビが映らない。
付属の高感度アンテナに差し替えたところ無事にテレビを見ることができました。
CIMG1473.jpg


試しにこの後、VistaとXPにインストールしてみたところ、やっぱりVistaでは説明書通りにインストールできませんでしたが、XPでは正常にインストールできました。

テレビをそれほど重要視せず、パソコンの中でちょっと見るだけの方にはおすすめの一品です。
これでいて、録画もできちゃうんですよ(^.^)

とりつけはUSB接続なので簡単かもしれませんが、もしご不安な方は当店にご一報ください。

大判プリンター PX-7500S
エプソンの大判インクジェットプリンターPX-7500Sを納入した。
お客様は、ある町役場経済課様。
仕事上、横断幕や垂れ幕を作成したり、ポスターを作成したりする機会がとても多く、以前から提案していた。
今回は、競争入札の結果、当社にて納入することができた。
7500S1


このPX-7500S、実は当社でも所有しているが、とても便利でスグレモノ。そして壊れにくい!!(これがいいですよね!)
金額は、ソフトやスキャナの有無で異なるが、約30万円ぐらい。
高スペックパソコン1台というところでしょうか?

今回は、USB2.0で接続したが、転送速度もぜんぜん気にならないスピード。ただ、作業をするパソコンのメモリは大きい方がよいと思います。
A4で作成した文書、資料を「拡大-フィットページ(A1)」として印刷すると、A1サイズでカンタンに印刷できます!フチなし印刷も可能!

また、POP FACTORYというソフトを一緒に購入すると、垂れ幕や横断幕がカンタンに作成できます。写真の取り込み等も可能ですよ。
7500S6


「お店のポスターを数枚つくりたい」
「のぼりを数本つくりたい」
など、集客効果を高めるだけでなく、今まで印刷会社に委託していた分を自社で作成印刷できれば経費削減にもなります。

ぜひご興味のある方、当ステーションまでお尋ねください。


グラフィックボード
先日、この楽援隊日記にも書きましたが、20.1TFTワイドディスプレイをご購入したお客様が、現在使用しているパソコンでは最高解像度で表現できない、ということだったので、バッファロー GX-X1300/P256グラフィックボードを購入していただいた。

喜界建設課5

喜界建設課3

この商品は、ロープロファイル対応で、2画面表示もできるものです。

グラフィックボードを取り付ける時は、まずBIOS設定で、最初に読み込むディスプレイをPCIスロットに変更します。なので、もともと標準のディスプレイポートは使用できなくなります。
喜界建設課6


そして、装着!
喜界建設課4


ところがっ!!
新しいグラフィックボードのポートにディスプレイを取り付けて、パソコンの電源を入れると・・
WindowsXPのロゴがでたあと、真っ暗・・・
うまく表示されません。

いろいろと検証したところ、OS(WindowsXP)上でのドライバ読み込みが原因でした。
つまり、BIOSとは別に、OS上でもドライバの優先読み込みがあったのです。

作業としては、まずBIOS設定をもとに戻し、標準のポートを使ってパソコンを立ち上げて、デバイスマネージャーでもともとのディスプレイアダプタを削除してパソコンを終了。次に、再度BIOS設定でPCIを優先に替え、ディスプレイをグラフィックボードのポートに切り替えて起動。
これで20.1TFTのドライバをきちんと読み込み、無事設定終了。

決して難しいわけではありませんが、順序等をしっかりすれば大丈夫ですよ。
ぜひ、みなさんもワイドディスプレイ&グラフィックボードにチャレンジしてみませんか?

DVDは迫力満点のフル画面(16:9)で見れますし、最近はワイド画面の右側に常駐させるデスクトップアプリケーション(Windows Vista標準装備)なるものもどんどん開発されており、いろいろとワイド画面での利便性もでてきています。

ご不明な点などあったら、ぜひDoIt!鹿児島市甲突町ステーションへお尋ねください。


データやプリンターの共有
パソコン2台以上、プリンター1台のご家庭にオススメ!
ネットワークにつながるHDDで楽しさを共有
ブロードバンドルータやハブについているスイッチポートにつなぐだけでみんなで共有して使えるハード ディスク「LinkStation」。USB2.0ポートを標準装備した「HD-HLAN」シリーズは、120GBから大容量400GB までの豊富なラインナップ。大容量250GB / 300GB / 400GBモデルなら、TV録画した動画データも余裕で 保存。予算と用途に応じて選べます。 ファイル共有
USBプリントサーバー機能、HD追加増設機能搭載
100BASE-TX/10base-t対応ハードディスク
”LinkStation”ハイエンドモデル
 USB対応のプリンタをつなげば、LAN上のパソコンから でもプリント可能。Windows&Macintosh両対応です。
 また、印刷時はLinkStationがプリントデータを一時的 に蓄積するスプール機能を搭載。スマート・スムーズ にプリンタを共有できます。
LANハードディスク</td>
プリントサーバー
価格は税込みです料金&

ワイドディスプレイの解像度
先日納品したバッファロー製の20.1型ワイド液晶ディスプレイ FTD-W2025ADSRにて、お客様がご希望の1680×1050ラインが表示できないとのご指摘をいただきました。

添付のドライバーをWin XPに組み込んでもOut of Rangeの表示が出てしまい、画像が出ないとのことでした。

よく調べてみると、お客様がご使用のPCはNEC製のMATE(PC-MY25X/R-G)で、最大解像度は1600×1200ラインでした。

水平解像度が80ライン足りずに表示ができません。

バッファローの推奨によると、1440ラインと1680ラインの2系統で、1680ライン表示は、水平65.3KHz、垂直60Hzを推奨しており、これ以外のものだと映らない可能性があるとのことでした。

結局、お客様はドライバソフトをインストールし、1400×1050という解像度で何とか表示させていますが不満があるとのことで、新たにグラフィックカードを納品することになりそうです。

コレガまた本体の構成上、PCIバスを使わなければならないので、すんなりいかなそう・・・

グレードアップは相性なや互換性などが伴いますので、気をつけましょう。
ご不安な方はぜひ当店にご一報くださいね。
DoIt!鹿児島市甲突町ステーション
パソコンの修理 メーカーに出す前に
今回、「Windows XPが起動しない」との指摘を受け、修理を預かりました。

確認してみると、Windowsに入る前に信号が無くなり、画面は真っ黒という状況でした。

パソコンの蓋を開け、内部を確認してみると、マザーボード上のコンデンサが悪いことが判明しました。
CIMG1387.jpg


これで必ず直るという確証はありませんが、通常であればこのパソコンをメーカーに出し、マザーボード交換対応となるところですが、メーカー修理の場合大体5万円くらいしてしまうのも事実です。

CIMG1388.jpg

そこで、高性能のコンデンサーに交換することにしました。

交換にはハンダ付けが必要なため、多少なり技術と道具が必要です。また、これを外すのは簡単そうに思えますが、1mm以下の基板のパターンなどを壊してしまうと再起不能になる場合もあるので、自信がない方はやたらに触らない方がいいでしょう。

CIMG1389.jpg

と、言うことで無事に取り外し完了。この後も慎重にコンデンサーを取り付けます。

交換後、パソコンは正常に動作しました。

CIMG1419.jpg

取り外された哀れなコンデンサーたちです。

当店では、メーカーで基板交換をして高い修理費を払う前に、できることをやってみるという取り組みをしています。
お見積もお出ししてからの修理も可能ですので、お気軽にご相談ください。

メモリー不具合
先日、お客様の元にメモリー増設に行ったときのトラブルです。

このお客様からは、ノートのメモリ増設を3台ご注文頂き、メーカーGさんに電話で型式を伝え、確認を取った上での納品でした。

しかし、実際現場では3台中2台がうまく動かず・・・楽勝と思われていたメモリー交換も失敗に終わってしまいました。

最初は東芝のダイナブック・サテライト。
正常動作をしている機械に取り付けをし、全く画面も出なくなり、BIOSすら立ち上がってこない状況でした。
同型のメモリが2セットあったので交換してみましたが、今度はWINDOWS起動中にブルーバック・・・(-.-)

NEC_0096.jpg


純正メモリーを抜いて、増設用だけつけたら全く立ち上がらず・・・
結局この機械は仕方なくあきらめました。

次はNECのVersa Proです。
先ほどの東芝と同じタイプのメモリーだったので、ちょっと不安だったのですが・・・やっぱりうまくいきませんでした。
BIOSではメモリーを認識するものの、起動時にリブートを繰り返すという状態・・・

NEC_0098.jpg


最後は日立のFLORAです。
こちらはタイプの違うメモリーだったのですが、難なく終了(^.^)

結局、お客様に「調査します」ということでご了承頂き引き上げてきました。

帰社してからメーカーさんに電話をし、いろいろ話した結果型番は間違っていなく、どうやらメモリーの不具合らしいということで、新しいものを送って頂くことになりました。

ただ差し込むだけのメモリー増設ですが、実はいろいろトラブルがあったりします。

自分でやるのがちょっと怖い方、ぜひ当店へご連絡ください。
このようなトラブルでも、しっかり最後までサポートさせていただきますよ。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。