鹿児島・奄美のパソコンサポート (有)鹿児島事務機商会
パソコンに関する納品事例やオススメサービスを書いていきます主に鹿児島市内、奄美大島地区で営業しております。ここに掲載されている情報は一例です。同じ症状であっても解決しない場合があります。
プロフィール

rakuentai

Author:rakuentai
鹿児島・奄美大島地区でのパソコンの修理やネットワークの設定・構築など弊社におまかせ下さい。データ復旧や保守サポート、ビジネスパソコンなども取扱っております。
電話:099-225-1991
お問合せフォーム



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Vistaの新機能 Ready Boost
Windows Vistaの標準機能であるReady Boostってご存じですか?

ReadyBoostは、USBメモリを内部メモリ代わりに使える
Vistaの新機能です
空きメモリスロットがなくてメモリを増設するのが難しい場合でも、システムの高速化を実現できるので内部メモリを増設できないノートパソコンにも最適です。


そこで、ちょっとお試しをしてみました。
今回購入したのは、某メーカーの1GBメモリスティック。
販売店の案内にはVISTA対応、高速転送と書かれていました。
格安で売っていたので、ダメもとで購入し、いざPCに接続。
すると、しっかりプロパティにはReady Boostとして使用と表示されていました。

CIMG1349.jpg



実際にそれを選択すると・・・
「このメモリーでは本来のReady Boostを使うために760MB以上の領域が必要です」と表示されました。

えーっ?1GB中の3/4はこれに使ってしまうのか・・・まぁ、仕方ない・・・ということで設定し、動作させてみました。

CIMG1350.jpg



重たいデータの起動(イラストレーターなど)を立ち上げてみると、今までよりも早いような気がしました。

マイクロソフトの推奨では、512MB以上、高速転送が条件となっています。

やっぱり性能を重視して値段はちょっと高めですが、当店では格安メモリーではなく、Ready Boost対応ラベルの貼ってあるものをお勧めしようと思います。

ちなみに、バッファローの業界最速USBメモリーが今なら
\7,800(512MB)~でご提供させて頂いております。

スタンダードタイプでは\4,500(512MB)~とお安くなっています。

機能・お値段についてはお気軽にご相談くださいね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rakuentai.blog59.fc2.com/tb.php/36-cdb313e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。