鹿児島・奄美のパソコンサポート (有)鹿児島事務機商会
パソコンに関する納品事例やオススメサービスを書いていきます主に鹿児島市内、奄美大島地区で営業しております。ここに掲載されている情報は一例です。同じ症状であっても解決しない場合があります。
プロフィール

rakuentai

Author:rakuentai
鹿児島・奄美大島地区でのパソコンの修理やネットワークの設定・構築など弊社におまかせ下さい。データ復旧や保守サポート、ビジネスパソコンなども取扱っております。
電話:099-225-1991
お問合せフォーム



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XPからVistaへのデータ移行(メール編)
Windows XPでは標準でイOutlook Expressがインストールされていましたが、Windows VistaになるとOutlook Expressはなくなり、Windowsメールがインストールされています。
だからと言って、データが移行できなくなったわけではありませんのでご安心を。今回はその手順を説明していきたいと思います。
まず、Outlook Expressのデータをまるごとコピーをします。
データは
【Cドライブ】→【Documents and Settings】→【ユーザー名】→【Local Settings】→【Application Data】→【Identities】→【数字とアルファベットの文字列】→【Microsoft\Outlook Express】←この中にデータ入っていますが、これを丸ごとコピーしてメディア(USBフラッシュメモリやCD‐Rなど)へ移し、Vistaへデータを移行します。
※Outlook Express の保存フォルダには「受信トレイ.dbx」をはじめさまざまなデータがありますが、「Folders.dbx」がないと インポートできません。

Windowsメールの [ファイル] から [インポート] → [メッセージ] をクリックします。

インポートするファイル形式を選択する画面で [Microsoft Outlook 6] を選びます。

[Outlook Express 6 ストア ディレクトリからメールをインポートする] にチェックを付け、コピーしておいた Outlook Express のメール保存フォルダを指定します。

[参照] ボタンをクリックして、Outlook Express からコピーしたフォルダを指定します。正しく指定されているか表示を確認して [次へ] をクリックしてください。

Outlook Express のデータを指定すると、「受信トレイ」や「送信済みアイテム」など、インポートするメッセージ フォルダを指定する画面が表示されます。
後は[次へ]を押して進めて下さい。

以上で完了です。
参考リンク:マイクロソフトスマートビジネスセンター
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rakuentai.blog59.fc2.com/tb.php/61-d2dcd528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。