鹿児島・奄美のパソコンサポート (有)鹿児島事務機商会
パソコンに関する納品事例やオススメサービスを書いていきます主に鹿児島市内、奄美大島地区で営業しております。ここに掲載されている情報は一例です。同じ症状であっても解決しない場合があります。
プロフィール

rakuentai

Author:rakuentai
鹿児島・奄美大島地区でのパソコンの修理やネットワークの設定・構築など弊社におまかせ下さい。データ復旧や保守サポート、ビジネスパソコンなども取扱っております。
電話:099-225-1991
お問合せフォーム



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画が再生できない! DRMエラー
以前パソコンを納品したお客様より、会員制の動画サイト(バラエティサイト)がみれないというご指摘を受け引き取りに。帰ってきて、その動画サイトを見てみるとやはりダメ。メディア ファイルのライセンスが壊れています" または "ライセンスが壊れているか無効" というエラー メッセージが表示される。
では自分のパソコンではどうだろう?やってみるとまったく違う現象が・・・。マイクロソフトのサポートページに飛ばされました・・・。まだ確認作業しかできませんでしたが、近日中に作業結果報告をします。
ちなみにお急ぎの方はコチラ ~Windows Media Player DRM FAQ~を参考にされるといいかもしれません。
DRMとは?IT用語辞典
データ復旧・救出サービス
こんなとき、大切なデータを諦めてしまっていませんか?
こんなときに

※論理的な障害のケースです。物理障害は別途ご相談下さい。

ここがポイント
様々なメディアに対応可能
救出ファイルを種類別に整理してお渡し
フォルダ構造も同時にバックアップ
E-mail(メッセージ、アドレス帳、アカウント情報)も復旧可能
復旧後の修理(別途有料)もそのまま当店におまかせ!
不要になったデータはデータ消去サービス(別途有料)で安心


基本診断料金(調査・状況診断)にお見積を含みます。
メディアによって料金が設定されているのでご安心ください。
他社と比較して料金をかなりお安く設定してあります。

料金表
ハードディスク論理障害
基本診断料金(税込)・・・・・¥10,500円
~10GB・・・・・10,500円
~40GB・・・・・15,750円
~80GB・・・・・21,000円
~120GB・・・・・26,250円
121GB~・・・・・別途御見積

各種メディア論理障害
基本診断料(税込)・・・・・3,150円
フロッピーディスク・・・・・3,150円
CDメディア・・・・・5,250円
DVDメディア・・・・・8,400円
MOディスク・・・・・5,250円
USBフラッシュメモリー・・・・・10,500円
カード類・・・・・10,500円

データは財産です
当社ではお客様の大切なデータを全力でバックアップに取り組み、当社規定に基づき安全・確実に処理致します。
お電話でのお問合せ:(099)223-3095
メールでのお問合せ:お問合せフォーム

新しい動画配信サービス Rimo
私も最近教えてもらったのですが、はてなのサービスの1つRimoに最近ハマってます。このサービスは、みなさんご存知の超有名動画サイトYouTubeで公開されている動画の中から、はてな独自のアルゴリズムによって人気のあると判断された動画を自動的に再生をしてくれるサービスです。
大きな特徴として
会員の登録必要なし。もちろん無料!
YouTubeの場合は番組が終わる度に続きを探したりしていましたが、Rimoは勝手に探し出して再生をしてくれるので非常に使い勝手もいい。
操作も簡単でリモコンで早送りや巻き戻し、次へといったこともできる。
サムネイル画像とタイトルが表示されているので検索もしやすい。
Wiiにも対応!
といった所でしょうか。
まだご覧になられてない方は是非チェックしてみてください。
携快電話で携帯をラクラク管理
携快電話

「携快電話」シリーズは、携帯電話内のさまざまなデータを、パソコンに保存し編集することのできる携帯電話編集ソフトです。
 例えば、アドレス帳やメールの保存はもちろん、ケータイで再生できる動画をシンプルな操作で編集できたり、 音楽CDをケータイで聴ける形式に変換し、お気に入りの曲をケータイに入れていつでもどこでも楽しめたりと他にも機能は満載です。詳しくはメーカーサイトでご確認を
 動画の編集や、音楽が聴けるようにする!と聞くと難しそうに感じますが、音声ガイダンスで操作方法を案内してくれるのでとても簡単です。
 携帯電話の新機種にもいち早く対応し、自動アップデート機能でソフトを簡単に最新の状態にすることができます。
 携帯を水没や落下で壊す前に、この携快電話シリーズを使ってパソコンにバックアップをとっておきましょう!
 ご利用中の携帯電話によって携快電話のソフトが異なりますので、必ず携帯電話の種類を確認してから、お買い求め下さい。
メールでのお問合せはこちらメールフォームをご利用ください。折り返し担当者からご連絡を差し上げます。
お電話でのお問合せは(099-223-3095)まで!
新古品 大特価 15インチ液晶ディスプレイ BenQ FP51G
BenQ 液晶ディスプレイ
在庫処分のため限定1台新古品のBenQ FP51G 15インチ液晶ディスプレイを送料込みの11,000円で販売します。色はホワイトです。添付品は電源ケーブル、RGBケーブルのみです。CD-Rや取扱説明書はありませんが、インターネット経由でマニュアル、ドライバはダウンロードする事が出来ます。
スペックはコチラで(メーカーサイト)ご確認ください。
ご注文の方はこちらのメールフォームより『お名前』 『住所』 『お電話番号』 『本文の所にBenQ液晶ディスプレイ注文』と記入の上、送信してください。折り返し担当者から連絡を差し上げます。
お問合せは電話(099-223-3095)までお気軽にご相談ください。

完売しました。
1台2役 SONY新型マウス VN-CX1





VAIO新型マウス
sonyマウス open

SONYから新型マウスが登場しました。SONY VN-CX1『マイク・スピーカー付きマウス』です。カラーバリエーションは全5色。通常はマウスとして使い、折りたたみ部分を開けばSkypeとして通話が出来るというスグレ物!しかもskypeを通じ呼び出されるとホイール上部の電話マークが点滅!skype側で設定した着メロが鳴って手にとって開けば携帯電話のように通話が可能になります。
 また、マウスの横についているボタンを押すと、自動的にマウスが開いてハンズフリーモードになり、両手で作業をしながら通話といったことも出来ます。
skypeをするたびにヘッドセットを準備して・・・という方や、出張時にヘッドセットを持ち歩いてる方などにどうでしょうか?もちろんVAIO以外のパソコンにも対応しています!設定もWindowsXPの場合はパソコン側のUSBにただ挿すだけなのでとっても簡単です。興味のある方や、もっと詳しく話を聞きたいとい方はお気軽にお問合せください。

wiiとニンテンドーDSで無線LAN接続
先日、鹿児島市内のあるお客様にバッファローの無線ルーターWHR-G54S/Pを納品をしました。
パソコンはデスクトップのWindows XPとノートのWindows Vista、それとゲーム機がWiiとニンテンドーDS。
パソコン側は難なく終了。
無線ルーターはwii対応と書いてあったので簡単にいくだろうなと考えていたら、うまくつながりません・・・。
WEPキーもSSIDも何度も確認をしましたが間違っていません。
パソコンは問題なく繋がります。う~ん・・・。
無線ルーターの設定をよ~く見直してみました。
IPアドレスの取得方法が<インターネット@スタート>になっていたのでに変更。
デフォルト状態のまま・・・。反省点です。
するとwiiもニンテンドーDSも繋がるようになりました。
作業終了!
お客様にも喜んでいただいて私もホッとしました。

これから無線LANを始めたい方、ゲーム機をインターネットにつなげたい方、当店が最後まで責任を持って対応します。お気軽にご相談ください。
お問合せメールフォーム

ハードディスクの寿命
パソコンの中で、重要なパーツの一つであるハードディスクですが、これには寿命があるのはご存じですか?

ハードディスクはパソコンの電源を入れた段階からモーターが回転し、電源を切るまでの間ず~~~っと回転し続けています。

最近はデスクトップ用(3.5インチ)で7200rpm、ノート用(2.5インチ)で5400rpmが主流になってきています。

この「rpm」ですが、回転数(revolutions per minute、回転毎分)は、1分間に何回転するかを表します。
つまり、7200rpmであれば1分間に7200回転、5400rpmであれば1分間に5400回転とかなりの高速回転を行っています。

省電力などもあり、必ずMAX状態ではないかもしれませんが、それだけ回転させているモーターに寿命があっても当然です。

つまり、ハードディスクは消耗品で、いつかは壊れるものである認識をしなければなりません。

そこで、この寿命ですが参考値としてハードディスクの使用時間が上げられます。
新品を機械に接続して電源を入れたときからこの時間はカウントされますが、ハードディスクはそれぞれの基板にSMARTと(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)いう機能を持っていて、いろいろなデータを収集し、記録していきます。

あくまで参考程度に過ぎませんが、これを読み取り故障(寿命)や現状を確認することができるソフトがありますのでご紹介します。

ソフトはいろいろ出ていますが、とりあえずはフリーでお試し頂けるソフト「HDD Smart Analyzer Ver1.0.0」です。
00000.jpg


フリーのソフトなので内容に関してのコメントは控えさせて頂きますが、興味のある方はこちらからダウンロードできます。
フリーダウンロードですが、当店は一切責任を負いかねますので、ご自身で責任を持ってお使いください。
http://www.mijimari.com/hddanalyzer.htm

ソフトに関してご不明な点はメーカーさんまでお願いします。

やってみたいけど、自信がない方はお気軽に当店へご相談ください。
グラフィックボード
先日、この楽援隊日記にも書きましたが、20.1TFTワイドディスプレイをご購入したお客様が、現在使用しているパソコンでは最高解像度で表現できない、ということだったので、バッファロー GX-X1300/P256グラフィックボードを購入していただいた。

喜界建設課5

喜界建設課3

この商品は、ロープロファイル対応で、2画面表示もできるものです。

グラフィックボードを取り付ける時は、まずBIOS設定で、最初に読み込むディスプレイをPCIスロットに変更します。なので、もともと標準のディスプレイポートは使用できなくなります。
喜界建設課6


そして、装着!
喜界建設課4


ところがっ!!
新しいグラフィックボードのポートにディスプレイを取り付けて、パソコンの電源を入れると・・
WindowsXPのロゴがでたあと、真っ暗・・・
うまく表示されません。

いろいろと検証したところ、OS(WindowsXP)上でのドライバ読み込みが原因でした。
つまり、BIOSとは別に、OS上でもドライバの優先読み込みがあったのです。

作業としては、まずBIOS設定をもとに戻し、標準のポートを使ってパソコンを立ち上げて、デバイスマネージャーでもともとのディスプレイアダプタを削除してパソコンを終了。次に、再度BIOS設定でPCIを優先に替え、ディスプレイをグラフィックボードのポートに切り替えて起動。
これで20.1TFTのドライバをきちんと読み込み、無事設定終了。

決して難しいわけではありませんが、順序等をしっかりすれば大丈夫ですよ。
ぜひ、みなさんもワイドディスプレイ&グラフィックボードにチャレンジしてみませんか?

DVDは迫力満点のフル画面(16:9)で見れますし、最近はワイド画面の右側に常駐させるデスクトップアプリケーション(Windows Vista標準装備)なるものもどんどん開発されており、いろいろとワイド画面での利便性もでてきています。

ご不明な点などあったら、ぜひDoIt!鹿児島市甲突町ステーションへお尋ねください。


データやプリンターの共有
パソコン2台以上、プリンター1台のご家庭にオススメ!
ネットワークにつながるHDDで楽しさを共有
ブロードバンドルータやハブについているスイッチポートにつなぐだけでみんなで共有して使えるハード ディスク「LinkStation」。USB2.0ポートを標準装備した「HD-HLAN」シリーズは、120GBから大容量400GB までの豊富なラインナップ。大容量250GB / 300GB / 400GBモデルなら、TV録画した動画データも余裕で 保存。予算と用途に応じて選べます。 ファイル共有
USBプリントサーバー機能、HD追加増設機能搭載
100BASE-TX/10base-t対応ハードディスク
”LinkStation”ハイエンドモデル
 USB対応のプリンタをつなげば、LAN上のパソコンから でもプリント可能。Windows&Macintosh両対応です。
 また、印刷時はLinkStationがプリントデータを一時的 に蓄積するスプール機能を搭載。スマート・スムーズ にプリンタを共有できます。
LANハードディスク</td>
プリントサーバー
価格は税込みです料金&





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。